株分け・挿し木・葉挿し

観葉植物で癒しの空間

 

 

 

株分け・挿し木・葉挿し

観葉植物を育てることが慣れてきたら、今度はこの観葉植物を増やしたい
と思う気持ちが出てきます。上手く根がついた時の感動は何度味わっても
良いものです。また、増やすことで、お友達にも分けてあげれますし、逆に
頂くこともできますので、観葉植物の種類をどんどん増やしていくことも
できます。
観葉植物を増やすと一言でいっても実は、何種類か増やす方法があります。
ここでは、その方法について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて
下さいね。

 

 

観葉植物を株分けで増やす

株分けで増やすことができる観葉植物は、アジアンタムス、アンスリウム、アナ
ナス、スパティフィラム、マランタ、カラテア、などがあります。
それでは株分けの方法について詳しく見ていきましょう。

株分けの時期

株分けをするのに良い時期は5月から7月いっぱいまでになります。この時に
株分けをする観葉植物は1週間前から、水やりを控えることがとても大切に
なります。株土が少し乾いている方が、根っこを傷めず株分けをすることが
できます。

株分けの方法

なんといっても、根っこが乾いてしまわない内に手早く行うことが大切です。根
っこが完全に乾いてしまうと、上手く根づかない確率が高くなってしまいます。
次のポイントは、細かく分けすぎないことです。株をわける際には、手やはさみ
でおこないましょう。
最後に、分けた株は親株と同じ土を入れた鉢に植え込みます。この時にわら灰
をまぶしておくと、切り口から細菌が入ることを防いでくれます。

株分け後の育て方

まずはたっぷりお水をあげます。その後1ヶ月間、風が直接当たらない半分日陰
になる場所におきましょう。この間は葉っぱにお水をかけてある程度の湿気を
保つようにすることが大切です。

 

観葉植物を挿し木で増やす

挿し木で増やすことができる観葉植物は、ほとんどといえます。亜熱帯の植物
にはこの挿し木方法がとても向いているためとです。
それでは挿し木の方法について詳しく見ていきましょう。

挿し木の時期

挿し木をするのに良い時期は5月から7月いっぱいまでになります。挿し木を
行う前に注意することはありません。

挿し木に使用する土

挿し木をする際に使用する土は、一般的には川砂が多いですが、赤玉、水ごけ
バーミキュライトなどだいたいのものに、挿し木することができます。

挿し木の方法

挿し木というものは、比較的簡単ですので、失敗することはまず少ないかと思い
ます。
ゼブリナなどのツユクサ科の観葉植物は新芽を取り、5枚ほどつけると根っこが
生えてきます。
ポトスなどのつる性の観葉植物は、一番挿し木を行いやすく、つるの先に10p
くらい葉っぱをつけて切ります。その後は土に挿し木をしてもよいですし、コップ
などに水を入れ、そのまま中に入れていても根っこが生えてきます。

挿し木後の育て方

まずはたっぷりお水をあげます。その後1ヶ月間、風が直接当たらない半分日陰
になる場所におきましょう。この間は葉っぱにお水をかけてある程度の湿気を
保つようにすることが大切です。

 

観葉植物を葉挿しで増やす

葉挿しとは、挿し木と同じ種類になりますが、植物の葉っぱの部分だけ切り取る
ことからこのように呼ばれています。葉挿しで増やすことができる観葉植物は、
ベゴニア、ペペロニアなどになります。それでは葉挿しの方法について詳しく見て
きましょう。

葉挿しの時期

葉挿しをするのに良い時期は5月から7月いっぱいまでになります。葉挿しを
行う前に注意することはありません。

葉挿しに使用する土

バーミキュライトを使用して葉挿しします。

葉挿しの方法

まずは、葉挿しをする植物の葉っぱを5枚程きります。だいたいは多肉植物の
ような肉厚な葉っぱですので、バーミキュライトの上にそのまま置いていても
しっかりと根っこを自分で出し、成長していきます。心配な場合は切った部分を
下にして、葉っぱの3/1くらいをバーミキュライトに挿して下さい。

 

注目サイト

出産祝いのおむつケーキ販売
http://www.littleaguu.com/?mode=cate&cbid=1651953&csid=0

最終更新日:2015/5/19

 

 

 

 

観葉植物の基礎知識

観葉植物を選ぶ
株分け・挿し木・葉挿し
取り木・茎伏せ・分球
観葉植物の目的・用途@
観葉植物の目的・用途A
お問い合わせ

 

 

Copyright (C) 観葉植物で癒しの空間  All Rights Reserved