取り木・茎伏せ・分球

観葉植物で癒しの空間

 

 

 

取り木・茎伏せ・分球

観葉植物を育てることが慣れてきたら、今度はこの観葉植物を増やしたい
と思う気持ちが出てきます。上手く根がついた時の感動は何度味わっても
良いものです。また、増やすことで、お友達にも分けてあげれますし、逆に
頂くこともできますので、観葉植物の種類をどんどん増やしていくことも
できます。
観葉植物を増やすと一言でいっても実は、何種類か増やす方法があります。
ここでは、その方法について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて
下さいね。

 

 

観葉植物を取り木で増やす

取り木で増やすことができる観葉植物は、ゴムノキ、ドラセナ、コルジリネ、
クロトンなどほとんどの熱帯植物であれば取り木で、増やしていくこが
できます。それでは取り木の方法について詳しく見ていきましょう。

取り木の時期

取り木をするのに良い時期は5月から7月いっぱいまでになります。取り木を
行う前に、ナイフ、水ごけ、ビニール、支柱竹とひも、はさみを準備します。

取り木の方法

取り木の方法には2種類の方法があります。
環状剥皮法の場合は、枝の一部分の外皮+木質部分を、深さ5o、幅4pに
環状に剥いで、用意しておいた支柱竹を添えます。この時のポイントは、剥い
た部分にしっかり水ごけを巻き付けることです。これによって、この部分から細菌
が入ることを防いでくれます。さらに、ビニールに小さい穴を開けて余分な水は
流れ出せるようにしておけば完璧です。

もうひとつの方法は、舌状取り木法といい、枝や幹の中心部分までナイフで
切り込みを入れます。そしてさらに、その上5pまで割り箸をさくようにさく方法
です。この時のポイントは、割目に水ごけを少量詰めて、少し開くような形にして
切り口全体を水ごけで包むことです。これによって、この部分から細菌が入る
ことを防いでくれます。

取り木後の育て方

取り木後、明るい日陰に置いておくと1ヶ月くらいで根っこが出てきます。水ごけ
から白い根っこが出てきて3pくらいに伸びたら、水ごけのすぐ下を親木から
はさみで切り取ってあげます。ただし、必ず3pくらいのびてからこの作業を
行って下さいね。
その後、鉢に植え込んで行くのですが、この際に水ごけは外さないでそのまま
状態で植え込んであげます。直接お水をかけるのでは無くて、鉢の周りに散水
して1ヶ月間日陰に置きます。葉っぱがピンとしてきますので、そうなれば、少し
ずつ日光に当ててあげてかまいません。

 

観葉植物を茎伏せで増やす

茎伏せで増やすことができる観葉植物はドラセナやコルジリネです。
それでは茎伏せの方法について詳しくみていきましょう。

茎伏せの時期

茎伏せをするのに良い時期は5月から7月いっぱいまでになります。

茎伏せの方法

5pに切った茎を横向きに寝かせて、半分ほど川砂に埋めます。
この時に必ず、老化してしまった葉っぱは全部取って下さい。完全に根っこが
発芽するのは3ヶ月以上かかります。発芽の確認ができたら芽などは付けた
まま鉢に植え込みましょう。

 

観葉植物を分球で増やす

分球で増やすことができる観葉植物はアローカシア、カラジウムなどになり
ます。それでは分球の方法について詳しくみていきましょう。

分球の時期

茎伏せをするのに良い時期は5月から7月いっぱいまでになります。

分球の方法

分球する際には、必ず良くきれるナイフを使用します。この時のポイントは球根
から出てきている芽をひとつは必ず含んで切り分けることです。
切り口には、わら灰をまぶしておき、細菌が入るのを防ぎましょう。
その後、川砂に埋めて芽が出て来たら、腐葉土などの栄養を混ぜた土で鉢に
植え替えます。

 

pickup

2015/8/5 更新

 

 

 

観葉植物の基礎知識

観葉植物を選ぶ
株分け・挿し木・葉挿し
取り木・茎伏せ・分球
観葉植物の目的・用途@
観葉植物の目的・用途A
お問い合わせ

 

 

Copyright (C) 観葉植物で癒しの空間  All Rights Reserved