観葉植物の目的・用途A

観葉植物で癒しの空間

 

 

 

観葉植物の目的・用途A

観葉植物を購入する時は、どのような基準で選べばよいのでしょう。
疲れているから癒されたい、空気がきれいになると聞いたから、お部屋
のインテリアとして購入したい。など観葉植物を選ぶ基準は人それぞれ
だと思います。
またアロマテラピーと一緒に楽しむとして購入される方も少なくはないでしょう。

観葉植物を育てる初心者の方は、たくさんある中から選ぶのは
とても大変なことですよね。そこでこのページでは、目的や用途によって
選ぶ方法を紹介していきますので、ぜひ参考にして頂きお気に入りの
観葉植物を見つけて下さいね。

 

 

花が咲く観葉植物

植物を育てるからには、やっぱり花が咲く観葉植物がいいという方もいま
す。たとえば、アナナス類の本当の花はとても小さいですが、花茎について
いる苞がピンクや赤色、黄色に色つきますので、それがまるで大きな花の
ように見えます。この色ついた部分は1ヶ月は持続しますので、普通の花
よりも長持ちしますよね。
だいたいの観葉植物は、花が咲きますがとても小さく地味な色目が多いの
であまり目立つことはありませんが、観葉植物にはまると、花より葉っぱの
魅力にとりつかれてきますよ。

 

天井から吊せる観葉植物

観葉植物を育てたいけど置くスペースがない、ペットがいるので小さい観葉
植物でもおくことができないという方は、天井から吊るす吊鉢タイプがおすす
めです。これならスペースが無くても、ペットが倒してしまう心配もいりません。
また少し見上げると緑が目に入りますので、自然の中にいるような気分に
浸れますので癒されます。

 

野外における観葉植物

都会のマンションに住んでいる方は、自宅の周りに緑がないことも多いので
はないでしょうか。このような環境でも野外における観葉植物があれば、いつ
でも緑を楽しむことが出来ます。室内で育てれば良いと思う方もいらっしゃる
と思いますが、どうしても室内に植物や土のものを置くことに抵抗がある方
もいらっしゃいます。
そんな方におすすめなのが、竹です。竹といってもたくさん種類があります
ので、必ずお気に入りの竹が見つかるはずです。竹は寒さにも強いですし
育てやすい観葉植物でもあります。

 

水やりを忘れてしまう人

ついつい水やりを忘れてしまう方がいます。仕事が忙しくて自宅をあけがちな
方、育児に追われて忙しいお母さん、でもどうしても緑がある生活がしたいと
いう方には、多肉植物やサボテンが安心です。
多肉植物やサボテンは、逆に水をたくさんあげすぎると枯れてしまいます。
1週間に1度の水やりでも、十分に長生きしてくれます。ただし日光には、た
くさん当てましょう。
また、多肉植物というのは、本当に強いので葉っぱを1枚取って、土に置い
ておくと、自分から根を出して増えていきます。その様子がとても可愛いの
でぜひ一度は試してみて下さいね。

 

日当たりの悪い部屋における観葉植物

日当たりがあまり良くない部屋に住んでいらっしゃる方ももちろんいます。
日当たりが悪いからこそ、観葉植物の可愛い緑色の葉っぱに癒されたい
と思うもです。本来、観葉植物というのは、日当たりが良い明るい場所を好み
ますが、かなり弱い光でも元気に育つ観葉植物もいます。
アグラオネマという観葉植物がこれにあたります。深い緑色の大きい葉っぱ
が印象的な植物です。

 

 

観葉植物の基礎知識

観葉植物を選ぶ
株分け・挿し木・葉挿し
取り木・茎伏せ・分球
観葉植物の目的・用途@
観葉植物の目的・用途A
お問い合わせ

 

 

Copyright (C) 観葉植物で癒しの空間  All Rights Reserved